リースで契約を迫る業者に注意

最近では、ホームページの初心者をターゲットにして、
高額のリース契約を結ぼうとする業者が横行しています。

私はだまされたことはないのですが、友人M君のところにも、
頻繁にホームページのリース契約を提案してくる業者から、
電話がかかってくるそうです。

ホームページのリース契約?
と私も思ってしまったのですが、つまりこういうことらしい。

初期費用はかかりません。月々のお支払のみで更新もサポートします!

というような感じで、営業しているようです。
どこが危ないのか、というと、主に以下の点になります。

危険な理由1: 月々のリース代が高すぎる。

月々3万円は実はけっこう危険な金額です。毎月3万円なら、年間36万円となります。
それを5年でリース契約したら、180万円です。
それなら、リースじゃなくて費用かけて作った方がいいということにもなります。

危険な理由2: 解約ができない場合がある。

リース契約を提案されても、気軽には乗らないようにしましょう。
契約内容をよく確認することが大切です。
途中解約不可、返金対応無しという条件であることが多いはずです。
たとえば、5年間のリース契約の期間中に、仮にホームページを閉鎖したいと思っても、
契約期間満了までは、支払い続けることになります。
契約は一度してしまったら、変更することはまず難しいですので、
慎重に確認するべきでしょう。

危険な理由3: 成果を確約しながら、開き直ることも。

「売上げアップをお約束します!」「問い合わせが倍増します!」などの
威勢のよい営業トークをしてくる業者には、特に慎重になりましょう。
契約後、仮にホームページから思うような成果が出なかったとしても、
「文章を直してみたらどうですか」「写真を変えてみたらどうですか」というように、
改訂を提案しつつ、最後には開き直るような業者もあるようです。

しかし、いろんな業者がいますから、
一概にリース契約的なサービスがすべて悪いわけではありません。

リーズナブルな価格で、途中解約が可能なら、
中小企業や個人事業の人には、向いているサービスもあるかもしれません。

前のページでもお伝えしましたが、私の勤務先のホームページの場合は、
リースじゃないけど、月々の利用料を払うCMSサービスを使っており、
とても安く、十分な感じで、無料でお試しもでき、解約も自由です。
社長も満足しています。

だから、厳しい言い方になってしまいますが、
契約する方にも問題があるからこそ、トラブルは発生すると思います。

基本姿勢として、最も大切なことは、
自分のことは、自分で宣伝する!
ということではないでしょうか。

そもそも多くのホームページ制作業者は、
ホームページの契約を取ることと、制作代行のことしか考えていないのです。

あなたのやってるサービスや、あなたの販売している商品のことについて、
一生懸命勉強してくれて、ともに成果を出そうと目指してくれる業者も
中にはあるのかもしれませんが、
そうではない場合がほとんどであることを認識しましょう。

ホームページは魔法の箱ではなく、
ただの情報発信の道具であることを忘れてはいけません。

まずは、ホームページうんぬんということより、
あなたのサービスや商品がしっかりと世の中に伝わるか、なのです。
ホームページだって、そのための手助けとなるひとつの方法に過ぎません。

自分自身のサービスや商品をしっかりと世に伝えるために、
最も、近道となるのは、
自分でホームページを作ることです。

そんなの無理だよ。
なんて思わないでください
あなたにも、必ずできます。

初心者でも、素人でも、パソコンが苦手でも、
今は、誰でも簡単に作れる時代になってきています。
そういう時代に突入してるのです。

そのことをお伝えするために、このサイトは、
私たち、アマチュアのホームページ作成の研究仲間が、
有志で情報を発信しています。

少し、前を向いてやってみよう。
と感じていただけたら、
ぜひ、はじめのページから読んでみてください。
たった5〜6ページの簡単に読み進められる内容です。

あなたが、今、一番必要なことは、
焦らず、少しだけ時間を使って、
このサイトの内容をもう一度読んでみることかもしれません。

ぜひ、あなたらしい、自律したホームページ運営をされてください。
いつでも応援しています!